宇部協立病院

  • 交通アクセス
  • 送迎バス
  • リンク
  • お問い合わせ
医系学生・高校生へ
ホーム  > 医系学生・高校生へ > 医師研修 > 家庭医療学後期研修
医系学生・高校生へ

家庭医療学後期研修プログラム Ver.2

家庭医療学後期研修

はじめに

宇部協立病院での家庭医療後期研修の特徴は「在宅から入院まで地域の人々の主治医として働く家庭医」を育てる点です。

現在,日本の医療現場においては,医療行政の待遇も大病院が優遇されており,患者さんも依然専門分化した大病院への志向が強く,臓器別に多数の科を梯子する患者さんもまま見受けられます。医師も専門分化した環境の中では,その関心は自分の専門臓器に集中し,他の臓器の疾患は他の科の医師に任せるのが日常です。

これは大病院だけの問題ではなくなっており,中小病院,診療所といったプライマリ・ケアの現場においても,専門分化した大病院で働き続けてきた医師がこれを担うようになっており,医師も自分の専門以外の臓器についてはあまり手を出さないようになってきています。一方,患者さんも『循環器は○○医院へ,消化器は○○病院へ』と,専門家でない患者さん自身が医院を選択し,臓器別に使い分けているのが現状です。

このような歪を是正するため04年より臨床研修必修化が開始され,プライマリ・ケアの基礎づくりが試みられていますが,2年間では広範囲のプライマリ・ケアの臨床能力を身につけるには十分とはいえず,プライマリ・ケア医を目指す医師には初期研修終了後もさらなるプライマリ・ケア医としての研鑚が必要です。

当院では,専門分化していない外来・病棟で,外来から病棟,さらには在宅までの一連の診療に主治医として患者さんに寄り添い,全人的に患者さんに向き合う医療を実践を通して学んでゆきます。

その中で,来院した目の前の患者さんのみでなく,受診することの出来ない人々や他院所にかかっている患者さんなども含めたその地域の人々全体の健康をどう守ってゆくか,という家庭医としてのコミュニティー・ケア能力を養い,地域のオピニオン・リーダーとしても成長できるよう援助してゆきます。

プログラム

カリキュラムの概要

研修期間
3年間
研修施設
主たる研修病院
・宇部協立病院(総合診療専門研修Ⅰ,Ⅱ、地域総合内科、一般外科、整形外科、精神科)
その他の研修病院等
・健和会大手町病院(救急科)
・総合病院水島協同病院(内科、小児科、救急科)
・山口大学医学部付属病院(救急科)
・生協小野田診療所(診療所研修)

研修目標

  • 1.
  • 初期研修中に身につけてきた基本的臨床診療能力(以下のようなプライマリケアを担う臨床医に最低限求められる臨床診療能力)を,実践を通してより確実な能力に高める。
  • 臓器別の枠を超えた診断能力
  • 緊急性を要する疾患に対する初療能力
  • 高頻度疾患のマネージメント能力
  • (患者さんや他の医師やスタッフなどとの)コミュニケーション能力
  • 生涯学習者としての自己学習能力
  • 2.
  • 上記のような臨床能力を駆使したうえで,家庭医療専門医に求められる,患者にとって安全かつ効率的な,バランスのよい統合されたケアを提供する能力を身につける。
  • 3.
  • 家庭医療専門医として,地域保健医療活動へ参画し保健予防活動を行いながら,地域の健康に関するニーズを把握し,地域のその他の専門職と協力して様々な介入を行うことの出来る,コミュニティーケア能力を身につける。
  • 4.
  • 患者さんの単なる生物医学的問題のみではなく,患者さん自身の心理状態や患者さんを取り巻く家族・地域社会・文化などの背景に十分配慮された患者中心・家族志向の医療を提供する能力を身につける。
  • 5.
  • 基本的人権に基づく医療の社会性・平等性を深く認識しこれを追求してゆくために,現行の医療制度をよく理解し,国民本位の医療を行うべき医師の社会的責任を自覚できる。

研修1年目

  • 総合診療専門研修Ⅱ  宇部協立病院
    ・病棟では、臨床研修で養った臨床技術をbrush upさせながら、患者の心身および制度的・倫理的問題についての包括ケア、緩和ケアについても研修を行う。初期研修医の副指導医も行い,自らの診療能力の振り返りを行う。

研修2年目

  • 内科研修  水島協同病院
    ・内科外来において、幅広い内科疾患の患者の診療を行う。
    ・病棟の主治医として、急性期を中心とした診療の研修を行う。
  • 小児科研修  水島協同病院
    ・指導医の下での初診患者中心に、小児特有の疾患や日常よく遭遇する疾患の対応を経験する。
    ・指導医の監督下にて、救急外来の研修を行う。
    ・日常よく遭遇する疾患の入院診療の研修を行う。     
  • 救急研修  水島協同病院、大手町病院、山口大学医学部附属病院
    ・外科系、小児を含む全科の救急疾患を経験する。     

研修3年目

  • 総合診療専門研修診療所研修  宇部協立病院 上宇部こどもクリニック
    ・外来研修:救急外来,予約外来,一般外来などを行う
    ・訪問診療:在宅の訪問診療、緩和ケアを行う。
    ・地域包括ケア:医療生協の班活動に参加しながら,地域の保健予防活動を学び実践する。
    ・産業医活動・健診活動:1年目の後半より産業医活動,健診活動について学び,これに参加する。
    ・小児科研修:上宇部こどもクリニックにて週1単位の研修を行う。
  • 診療所研修  生協小野田診療所
    ・2年間の病院研修で培った臨床能力を糧に,副所長として診療所での実践を行う。診療所長の指導のもと,単に診療所の外来診療だけではなく,在宅往診や保健予防活動などの所長業務を学び実践する。診療所研修中も週に一単位の病院での予約外来は継続し,合わせて一単位の研修時間を保障する。
  • その他(3 年間を通じて実施する内容)
    ・学会・セミナー参加(日本家 庭医療学会、日本プライマリ・ケア学会等)
    ・指導医講習会の修了
    ・研究活動(日本家庭医療学会もしくは日本プライマリ・ケア学会での発表)

評価とフィードバック

  • 外来診療,救急診療および訪問診療においては,連日短時間でその都度指導医とともに全症例について振り返りを行い,診療内容を確認・フィードバックを受ける。
  • 病棟診療においては,初期研修医と共に症例検討カンファレンスを行い,プレゼンテーションと意見交換をすると共に,週に一回,内科病棟回診に参加・症例提示し,指導・意見交換をする。
  • 研修の進捗状況はポートフォリオ形式で週1回の振り返りを行う。
  • 月に一回の研修委員会でその月の研修の進捗状況を報告し,研修の内容や進め方について討議し,研修の改善を図る。このとき,指導医からの評価・フィードバックも受ける。

待 遇

身分          常勤医師とする。
勤務・休暇       服務規程に準ずる。
給与月額        当院規定により支給する
諸手当・賞与      当院規定により支給する
社会保険        あり
医師賠償保険      あり
修了証書        授与する
プログラム修了後の進路 原則自由。

医師研修プログラムに戻る

家庭医療学後期研修

はじめに

宇部協立病院での家庭医療後期研修の特徴は「在宅から入院まで地域の人々の主治医として働く家庭医」を育てる点です。

現在,日本の医療現場においては,医療行政の待遇も大病院が優遇されており,患者さんも依然専門分化した大病院への志向が強く,臓器別に多数の科を梯子する患者さんもまま見受けられます。医師も専門分化した環境の中では,その関心は自分の専門臓器に集中し,他の臓器の疾患は他の科の医師に任せるのが日常です。

これは大病院だけの問題ではなくなっており,中小病院,診療所といったプライマリ・ケアの現場においても,専門分化した大病院で働き続けてきた医師がこれを担うようになっており,医師も自分の専門以外の臓器についてはあまり手を出さないようになってきています。一方,患者さんも『循環器は○○医院へ,消化器は○○病院へ』と,専門家でない患者さん自身が医院を選択し,臓器別に使い分けているのが現状です。

このような歪を是正するため04年より臨床研修必修化が開始され,プライマリ・ケアの基礎づくりが試みられていますが,2年間では広範囲のプライマリ・ケアの臨床能力を身につけるには十分とはいえず,プライマリ・ケア医を目指す医師には初期研修終了後もさらなるプライマリ・ケア医としての研鑚が必要です。

当院では,専門分化していない外来・病棟で,外来から病棟,さらには在宅までの一連の診療に主治医として患者さんに寄り添い,全人的に患者さんに向き合う医療を実践を通して学んでゆきます。

その中で,来院した目の前の患者さんのみでなく,受診することの出来ない人々や他院所にかかっている患者さんなども含めたその地域の人々全体の健康をどう守ってゆくか,という家庭医としてのコミュニティー・ケア能力を養い,地域のオピニオン・リーダーとしても成長できるよう援助してゆきます。

プログラム

カリキュラムの概要

研修期間
3年間
研修施設
主たる研修病院
・宇部協立病院(総合診療専門研修Ⅰ,Ⅱ、地域総合内科、一般外科、整形外科、精神科)
その他の研修病院等
・健和会大手町病院(救急科)
・総合病院水島協同病院(内科、小児科、救急科)
・山口大学医学部付属病院(救急科)
・生協小野田診療所(診療所研修)

研修目標

  • 1.
  • 初期研修中に身につけてきた基本的臨床診療能力(以下のようなプライマリケアを担う臨床医に最低限求められる臨床診療能力)を,実践を通してより確実な能力に高める。
  • 臓器別の枠を超えた診断能力
  • 緊急性を要する疾患に対する初療能力
  • 高頻度疾患のマネージメント能力
  • (患者さんや他の医師やスタッフなどとの)コミュニケーション能力
  • 生涯学習者としての自己学習能力
  • 2.
  • 上記のような臨床能力を駆使したうえで,家庭医療専門医に求められる,患者にとって安全かつ効率的な,バランスのよい統合されたケアを提供する能力を身につける。
  • 3.
  • 家庭医療専門医として,地域保健医療活動へ参画し保健予防活動を行いながら,地域の健康に関するニーズを把握し,地域のその他の専門職と協力して様々な介入を行うことの出来る,コミュニティーケア能力を身につける。
  • 4.
  • 患者さんの単なる生物医学的問題のみではなく,患者さん自身の心理状態や患者さんを取り巻く家族・地域社会・文化などの背景に十分配慮された患者中心・家族志向の医療を提供する能力を身につける。
  • 5.
  • 基本的人権に基づく医療の社会性・平等性を深く認識しこれを追求してゆくために,現行の医療制度をよく理解し,国民本位の医療を行うべき医師の社会的責任を自覚できる。

1.研修1年目

  • 総合診療専門研修Ⅱ  宇部協立病院
  • ・病棟では、臨床研修で養った臨床技術をbrush upさせながら、患者の心身および制度的・倫理的問題についての包括ケア、緩和ケアについても研修を行う。初期研修医の副指導医も行い,自らの診療能力の振り返りを行う。

1.研修2年目

  • 内科研修  水島協同病院
  • ・内科外来において、幅広い内科疾患の患者の診療を行う。
    ・病棟の主治医として、急性期を中心とした診療の研修を行う。
  •  ■ 小児科研修  水島協同病院
  •   ・指導医の下での初診患者中心に、小児特有の疾患や日常よく遭遇する疾患の対応を経験する。
    ・指導医の監督下にて、救急外来の研修を行う。
    ・日常よく遭遇する疾患の入院診療の研修を行う。

3.研修3年目

  • 診療所研修
    2年間の病院研修で培った臨床能力を糧に,副所長として診療所での実践を行う。
  • 診療所長の指導のもと,単に診療所の外来診療を担当するだけではなく,在宅往診や保健予防活動などの所長業務を学び実践する。
  • 診療所研修中も週に一単位の病院での予約外来は継続し,合わせて一単位の研修時間を保障します。
  • その他(3 年間を通じて実施する内容)
    ・学会・セミナー参加(日本家 庭医療学会、日本プライマリ・ケア学会等)
    ・指導医講習会の修了
    ・研究活動(日本家庭医療学会もしくは日本プライマリ・ケア学会での発表)
1年目 2年目 3年目
・内科を中心とした総合診療
・救急外来研修
・予約外来研修
・一般外来研修
・在宅研修
・地域保険予防活動(医療生協班会活動を中心とした)
・産業医・健診活動
・内科を中心とした総合診療
の継続
・診療所研修
・週に一単位の病院予約外来
は継続
  小児科(病棟・外来)  

評価とフィードバック

  • 外来診療,救急診療および訪問診療においては,連日短時間でその都度指導医とともに全症例について振り返りを行い,診療内容を確認・フィードバックを受ける。
  • 病棟診療においては,初期研修医と共に症例検討カンファレンスを行い,プレゼンテーションと意見交換をすると共に,週に一回,内科病棟回診に参加・症例提示し,指導・意見交換をする。
  • 研修の進捗状況はポートフォリオ形式で週1回の振り返りを行う。
  • 月に一回の研修委員会でその月の研修の進捗状況を報告し,研修の内容や進め方について討議し,研修の改善を図る。このとき,指導医からの評価・フィードバックも受ける。

待 遇

身分          常勤医師とする。
勤務・休暇       服務規程に準ずる。
給与月額        当院規定により支給する
諸手当・賞与      当院規定により支給する
社会保険        あり
医師賠償保険      あり
修了証書        授与する
プログラム修了後の進路 原則自由。

医師研修プログラムに戻る

ページの先頭へ
医療生協健文会 宇部協立病院

宇部協立病院

©2009- Ube Kyouritsu Hospital All Right Reserved.